WordPressのカスタマイズやテーマファイル、プラグインの作り方などデータベース構造から詳しく解説します。

wpdbでwordpressのデータベースにアクセスしてデータを取得する方法

wordpressにはデータベースにアクセスして、SQLをたたく関数が用意されています。

それがwpdbクラスです

wpdbクラスはインスタンス化したグローバル変数である$wpdbを呼び出すことによって使用することができます。

global $wpdb;
(グローバル変数の呼び出し方)

 

では、$wpdbを使用してデータベースへアクセスする方法を紹介していきます。

get_var関数

global $wp_db;
$post_count = $wpdb->get_var('SELECT COUNT(*) FROM wp_posts');
echo $post_count;

get_var関数ではSQL文で指定した値を一つ返してくれます。マッチするものがなければNULLを返してくれます。

get_row関数

global $wpdb;
$post_me = $wpdb->get_row('SELECT * FROM wp_posts WHERE ID = 1');
printf($post_me);

get_row関数ではSQL文で指定した行のデータを取り出します。

get_results関数

global $wpdb;
$draft_posts = $wpdb->get_results('SELECT * FROM wp_psots WHERE post_status = 'draft'');
printf($draft_posts);

get_results関数ではSQL文で指定した複数行のデータを取得してくることができます。

query関数

global $wpdb;
$page = query('SELECT * FROM wp_posts WHERE post_type = 'page'');
printf($page);

query関数ではすべてのSQLクエリを実行することができます。SELECTだけではなく、UPDATEやDELETEも使用できるのでとても強力な関数です。
エラーを起こしたさいはfalseを返してくれます。

関連記事

ページ上部へ戻る