WordPressのカスタマイズやテーマファイル、プラグインの作り方などデータベース構造から詳しく解説します。

WordPressでモバイル端末をuserr-agentで判定する処理

WEBサイトを作成する際にモバイル対応は必須のご時世になってきています。
Wordpressでもサイトを一から制作するような方はモバイル対応の際にUser-agentで分岐するのが必須になっているかと思いましたので、今回はUser-agentの判定方法をまとめます。

wp_is_mobile

WordPressにはデフォルトで入っている関数にwp_is_mobile関数があります。
これを使えば簡単にページを訪問しているユーザーがモバイルなのかPCなのかを判断できます。
注意点
wp_is_mobile関数はモバイル端末のみを特定することができないので、タブレット端末も含まれてしまう。

使い方は簡単です!

<?php
if(wp_is_mobile) {
 /* ここにモバイル端末むけの処理を記載する */
} else {
/* PCむけの処理を記載 */
}

CodeX:wp_is_mobile関数

モバイルの判定処理を自作する

wp_is_mobileではタブレット端末もふくまれてしまうという大きな問題点がありますので、やはり自作をして進めてみようかと思います。

is_mobile関数というのを作ります。

<?php
function is_mobile(){
  $useragents = array(
    'iPhone', // iPhone
    'iPod', // iPod touch
    'Android.*Mobile',
    'Windows.*Phone',
    'dream',
    'CUPCAKE',
    'blackberry',
    'webOS',
    'incognito',
    'webmate'
  );
  $pattern = '/'.implode('|', $useragents).'/i';
  return preg_match($pattern, $_SERVER['HTTP_USER_AGENT']);
}

これでis_mobile関数の処理はOKです!!
これも使い方は簡単。

<?php
if(is_mobile) {
/* こちらにモバイルの処理を記載 */
} else {
/* こちらにPCの処理を記載 */
}

これで以上です。is_mobile関数を自作することによって、自分の判別したい端末で条件分岐ができるようになります。
is_tablet関数も同じように作ればデザインをPC・タブレット・スマホで分岐することができるのでおすすめです!

関連記事

ページ上部へ戻る