WordPressのカスタマイズやテーマファイル、プラグインの作り方などデータベース構造から詳しく解説します。

WordPress初心者必見!WPをプロ級に使いこなすための4つのステップ

2015.03.10

これから自分のブログを始めてみたいという方に大人気のWordPress。
WordPress初心者の方のために、WordPressを無理なく学べる4ステップをご紹介します。

WordPressの何が良いの?

WordPressはPHPというプログラミング言語で書かれたCMS(コンテンツマネジメントシステム)です。
HTMLでベタ書きされたHPとの大きな違いは、「動的にページを生成出来る」という点です。
通常のHPであれば新しくページが欲しいと思ったら、HTMLで新規にページを作成し、サーバーにアップロードしなければなりません。
一方でWordPressであれば、管理画面からデータを入力するだけでブログ感覚でページを追加する事ができます。通常のHPがサーバー上のHTMLを静的に送り返すだけなのに対し、WordPressではURLに応じてデータベースから該当のデータを取り出し、動的にページを生成しているという点が大きく異なります。

ステップ1:WordPressのテンプレートを理解する

WordPressを初めて利用される方がまず気にされるのは、テーマファイルのカスタマイズではないでしょうか。
無料テーマをダウンロードして来たものの、バナーを消したかったり、ロゴを差し替えたかったり。
これらの編集を行うためには最低限のHTML/CSSへの理解と、WordPressのテーマファイルの構造を理解する必要があります。
WordPressの勉強をしようと意識高くいきなり「PHP入門」のような本を購入される方がいますが、これはお勧めしません。
プログラミング言語を理解する事は確かに大切ですが、WordPressは初心者でも簡単に扱えるように構築されていますので、まずはWordPressの構造を理解する事が上達への早道です。
テーマフォルダの中のそれぞれのファイルがどのような役割を担っているのか、投稿ページ、固定ページ、ウィジェットといった基本的な仕組みを理解しましょう。

ステップ2:ショートコードなどWordPressの仕組みを理解する

次のステップとして、例えば「各記事ページに関連記事として同じカテゴリの記事を5件表示したい」といった機能や、「SEOを意識して内部リンクを自由に張り巡らせたい」という考えが生まれるかもしれません。
テーマファイルの一歩進んだカスタマイズのためには、WordPressに用意されている様々な関数の使い方を理解する必要があります。
ここが、紛らわしいのですが、実はPHPの勉強をするだけではWordPressを使いこなせるようにはなりません。
たしかにWordPressはPHPを用いて構築されているシステムですが、実際のWordPressの挙動はPHPで書かれたWordPress専用の関数を使って実装されているからです。
なので、まずはこれらの関数を理解するためにPHPの基本を学習し、その上でWordPressの関数を理解しなければなりません。
特にPHPを学習する際には変数、配列、連想配列、関数、クラス、といった部分を理解するよう心がけてください。


ステップ3:プラグインを自作する

ステップ2までで基本的なWordPressのカスタマイズは全て学習することができます。
更に一方進んだカスタマイズのためには、カスタム投稿タイプとカスタムタクソノミー、親テーマと子テーマなどの機能への理解と、プラグインを自作出来るだけの開発力が求められます
例えば企業HPでニュースページは投稿ページとして実装済み、追加で社員のインタビューページを投稿ページとは別のデザインで複数設置したい、という要望をどのように実装しますか?
固定ページをコピーする事で無理矢理つくることもできなくはないですが、更新性が低いです。
この場合、カスタム投稿タイプという機能を活用して、「投稿ページ-single.php」と同様に「社員インタビュー-interview.php」として管理画面から自由に追加できるようにするべきです。
カスタム投稿タイプはfunctions.phpにコードを書き込むことでも実装出来ますが、functions.phpにコードを書きすぎてしまうと見通しが悪くなるほか、関数の命名規則でもトラブルが生じる可能性があるので、プラグインを別途作成しクラスでカプセル化して実装する事をお勧めします。


ステップ4:WordPressのフルカスタマイズ

WordPressをフルカスタマイズすることで、自由なURL構造や会員制サイトを構築する事が出来ます。
WordPressはイベント駆動型のフレームワークですが、その独特の仕組みと高度なカスタマイズを学習するためにはこちらの本がおすすめです。
非常にレベルが高く、3ヶ月以上の開発経験がないと読みこなせないかもしれません。どうしてもWordPressを極めたいという方は是非ご覧になってみてください。
WordPressへの更なる理解に繋がるでしょう。

おわりに

WordPressのカスタマイズは手軽に始められますが、実はとても奥が深いです。うまく使えば会員制のSNSサイトの構築にも活用出来たり…。
自分の希望通りのWebメディアサイトが作れるように、ぜひ勉強してみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る